奥田瑛二田辺良典(65)奥田瑛二
横浜生まれ、横浜育ち。生粋の浜っ子。
学生時代に憧れていたサッカー選手の夢が形を変え
グランドキーパーという職業に就く。
それ以来40年以上グランドを守り続けてきた。
Jリーグベストピッチ賞を受賞したのも「オヤジさん」の
おかげスタッフ全員から熱い信頼を得ている。
そんな職場を無事定年退職することになった・・・。

生年月日:1950年3月18日
出身地:愛知県春日井市
俳優・故 天知茂に師事。1979年にっかつ『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)主役に抜擢され、頭角を表わす。1986年「海と毒薬」(熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞。1994年「棒の哀しみ」(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞する。2001年、映画『少女』を初監督。監督第3作の「長い散歩」は第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠受賞。また2009年同映画祭審査員を務める。2013年度NHK大河ドラマ「八重の桜」に佐久間象山役で出演。また監督最新作「今日子と修一の場合」10月5日より全国5大都市同時公開決定。